カテゴリ:かぞくとの一日( 56 )

黄金色の街

夕方、長男君と車に乗っていると
街一面が黄金色に

あまりにもきれいで長男君と
「きれいだね~」と感動
夕日は心が洗われます・・
カメラにはとらえられなかったけれど
幻想的な瞬間でした

それにしても今日は寒い~
温かいと思ってすっかりコートを忘れ
久しぶりに震えました122.png

今日のアロマバスは
ジンジャーにしました

そういえば今年はジンジャーはじめてだなぁ

e0319042_00574140.jpg
太陽は沈んでしまったけれど
黄金色の余韻




by smile-hearts | 2019-03-04 21:52 | かぞくとの一日 | Comments(0)

いちご狩り

陽気な天候の中
旦那さんといちごが大好きな娘ちゃんと3人で
いちご狩りに行ってきました。

実は生まれてはじめてのいちご狩りです☆
e0319042_23180639.jpg
あまりにもたくさんのいちごに感動~
きれい~☆すご~い☆
大きくって 甘くって とっても美味しかったです
e0319042_23184618.jpg
いちごの花もかわいい
ミツバチがせっせとお仕事してくれていました
ミツバチさんのおかげで
きれいな形の美味しいいちごにありつけるのね
ありがとう~と
もりもりいただきます。

制限時間30分でしたが
25分からが きつかったです・・
年かな~
20個くらいしか食べてないのに
いちごってあんまり食べれないものなんですね~

そしてもうお昼ご飯食べれない~と言っていたのに
30分もするとお昼御飯が食べたくなってきました。
あんなにお腹いっぱいだったのに・・はやい105.png
いちごって水分だからかな?

テスト期間中で頑張っているお兄ちゃんへの
お土産はいちごってよろこんでくれました。

また連休あたりにみんなで行ってみたいな^^
e0319042_23513476.jpg
おいちい




by smile-hearts | 2019-02-23 23:15 | かぞくとの一日 | Comments(0)

夫婦

旦那さんの
背中のトリートメントをしました

今では
トリートメントもさせていますが
昔はこうではなかったなぁ
変化です112.png

昔は
 洗濯物の靴下が裏返しとか、
味噌の種類が違うとか
ありきたりな所からですが
些細な違いにストレスを感じたり
素直になれなくて 意地張ったりして
かみ合わないこともあったなぁ・・

日々小さな出来事に向き合いながら
あれから16年が過ぎ
ずいぶん旦那さんとの付き合い方
時間の過ごし方も穏やかに変化してきました

今では
自分たちの心地のよい 自然な距離感
お互いあまり強要せず
お好きにどうぞ と思えば
頼り合って 癒しあって
愚痴り合ったり 語り合ったり
笑いあったり
許しあったり

あっという間に月日が過ぎてしまったけど
旦那さんがここにいてくれるおかげで
理解すること
うけいれること
思いやること
与えあうこと
いろいろな事を育んでこられた気がします

どんな出来事も
振り返ってみれば
すべてがいい肥料になってるものですね

家族というくくりの中にも
血の繋がりのある家族
血の繋がりのない家族
というものがあるけれど
生まれも育ちも違う 人間同士が
深く繋がり 共にいきることで
起こる化学変化は 
面白いなぁ~

一緒に生きてくれて
ありがとう・・です

明日も幸せな一日になりますように~






by smile-hearts | 2019-02-11 22:42 | かぞくとの一日 | Comments(0)

育て 育てられ


数日前に起こった出来事

長男君に自分の可能性を信じて 世界を広げてもらいたいと
伝えた言葉が
彼にとっては彼の考えを否定したように聞こえてしまったみたい
おもわぬところで 長男君の反発の一言をもらいました

なんで理解してもらえないんだろう~145.png
私の方が落ち込んだり イジイジしたり 怒れちゃったりの一日。

長男の方は 私を気にして優しく話かけてきたり
切り替え早く・・どっちが子どもなんだか103.pngでした

心に対応してくれるジャスミンや
怒りを鎮めてくれるイランイラン
素直になりたいとラベンダー
精油を使って 心を切り替え
ありがたいタイミングで
アロマの研修会があり sara先生のお話や
トリートメントで癒され 
前向きな気持ちになれました 

子育てって本当に難しくもあり、面白くもあり

私の中の長男は
赤ちゃんの時の長男であり
保育園で私の後ろに隠れていた長男であり
優しく控えめな性格の長男であり
先生や友達の助けがあって 
少しずつ自信を持つことを学んだ長男であるのだけど
 
身体も心もいつも成長していて
日に日に変化していて

もう、親にコントロールされることよりも
自分で考えて 決めて 行動して
結果を受け止めて
そこから学んで
自分で自分の責任を取ることを望んでいるみたいです

大人への準備 ちゃんとしているんだな

私も受け止めるだけのキャパが育っていないと
見守る愛がないと
柔軟に対応できないな~と思いました。

子どもに教えているようで
親もいろいろなことを学ばされているんですね
ほんと・・しみじみ思いました

もうすこし肩の力抜いてみようかな

大人になっていく彼の成長を
一緒に 楽しんで
過ごそうと思います

e0319042_23375647.jpg

ときどき 本気で悩む。。

心って思い立ったら 成長期








by smile-hearts | 2019-02-07 23:30 | かぞくとの一日 | Comments(0)

実家でほのぼの

一足おくれて
実家に新年のご挨拶です。

お兄ちゃん達は各々予定があるようで来れませんでしたが
珍しく旦那さんが一緒に

日帰りでしたが
少し時間があったので
浜松城に足をのばして お散歩

e0319042_14403291.jpg

日本庭園も冬なので質素な色合いです。

桜や楓が所々に植えてあるので
他の季節は華やかなんだろうねと話ながら

e0319042_14391468.jpg

小さい滝

e0319042_14432161.jpg

大きい方の滝
見る角度によってちいさな虹が見えます

小学生の頃 
図工の写生でこの滝を描きました

e0319042_14420061.jpg

湖面に映る木々もきれいでなんとか絵にしたいと・・
気持ちはあっても
でもこれが思ったように描けずに
四苦八苦した記憶があります

e0319042_14381132.jpg

リスもいました

e0319042_14371683.jpg

見事な保護色
木から木へと飛び移り
動きが早くて まるで忍者みたいでした

e0319042_14445690.jpg

徳川家康の出世城と呼ばれる
浜松城

歴史上の有名な人物がいた場所に自分がいるのは
なんだか不思議な気分です

ここに住んでいた人たちは
どんなことを考えて
どんな毎日を過ごしていたんだろなぁ

e0319042_14453856.jpg


小さなお城ですが
広場で遊ぶ家族連れががたくさんいて
ほのぼの 穏やかな時間がすごせました。

夜は母が旦那さんが大好物の春巻きを山のように作ってくれました。
山のようにあっても、ペロっと平らげてしまいます
私が同じように作っても 
「まだまだお母さんにはかなわないよね」という旦那さん
うーんなんでだろう
やっぱり愛の深さかなぁ

ま。
なにはともあれ
 たのしい一日でした110.png



by smile-hearts | 2019-01-14 23:36 | かぞくとの一日 | Comments(0)

インフルエンザのおかげ

娘ちゃんも食欲が戻って
笑顔が見れるようになってきました。
お熱や頭痛のある時は辛そうでしたので
穏やかな表情を見れてほっとしました。

そして 旦那さんがインフルエンザ仲間に加わりました。
土日もお仕事をして あまり休むことない旦那さんなので
隔離宣告をされて たっぷり休息がとってもらえるかな。

今までは自営でしたので
治りかけでも 無理してお仕事し始めていましたが
今では 仕事仲間がいますので
移さないためにもお休みが必要。

自分に厳しく 真面目なところ
責任感のあるところ
男性らしい懐の深さは
尊敬ですし 感謝なのですが

年を取るというのは避けられませんので
自分を大切に 労わって 無理せずに
自分の人生を 楽しんで
過ごしてほしいと思わずにはおれません
家族にとって
家族の幸せな姿は嬉しいですものね。

私はというと高熱から一夜明けて
鼻水と咳はありますが
熱もずいぶん下がり、身体も楽になってきました。

数年前にかかった時より
今回はずいぶん軽く済ませられているようで
アロマの実践やお薬のおかげだなと思います。
心の持ちようも大きいんだなと気づかされました。
いろいろな方の力を借りながら、
 自分自身でも自分の身体を癒すことができるんだなと
改めて感じます。

身体もずいぶん楽になったおかげで
ゆったりとした家族の時間を過ごせました。

何をするでもなく 一日中家族と過ごす
こんなゆったりした 心休まる時間
いつ振りだろう

子どもが幼い時は 当たり前にとれていた
家族の時間
子ども達が大きくなって
だんだん親の手を離れていって
減っていく親子の時間を穴埋めするように
私も日々の用事を優先してしまって
家族との大切な時間をおろそかにしていたなと思いました。

優先順位を変えてしまうと
気付かないうちに
大切にしていたことを 
見逃し始めてしまうのかもしれません

子どもが親離れしていくのはさみしいですが
どんなに大きくなっても
戻ってきた時に ほっとさせてあげられる
港のような親でいられたら・・
そう思いました。

インフルエンザのおかげで
大切な事に気付けた気がします。








by smile-hearts | 2019-01-09 12:05 | かぞくとの一日 | Comments(0)

突然のインフルエンザ

冬休みもあと少しという所で
娘ちゃんが急な発熱
年始のお休みからあけたばかりの病院に駆け込むと
患者さんがいっぱいでした

娘ちゃんは高熱に節々の痛みで
インフルエンザA型の陽性反応がでてしまいました。
年末年始、愛知県ではインフルエンザが流行していたようで
まったく警戒していなかったので
どこかで拾ってしまったようです119.png

翌日からは予定が目白押しでした。
急いで予定をキャンセル たくさんの方に助けて頂きました。
ご迷惑おかけしてしまっているのに みんな優しくて(涙)
本当にいつも支えられて生きてるんだなと思いました。
感謝です。
感謝の気持ち 薄っぺらになっていたかもしれません。
インフルエンザになってしまうのも
大切なメッセージですものね、
その意味に気付かなきゃなと思います。

娘ちゃんはお薬をのんでお熱は下がった後も
頭痛や節々の痛みは辛いようで
ラベンダーとティートリーで足や手をトリートメントしました。
ずいぶん楽になったようです。
背中をさすったり、ヒーリングしてあげると
落ち着いて眠れるようでした。

お部屋はユーカリの芳香浴。
感染予防だけでなく、気持ちもスッキリ。
看護も不安や疲れが出てくると気持ちがマイナスになりやすいので
娘ちゃんだけでなく、私も香りにすごく助けられました。
そして、スイートマジョラムでうがいもして
感染しないようにと予防。
「絶対かからないぞ~」と気合もいれて。

娘ちゃんが元気になりますように~






by smile-hearts | 2019-01-05 22:54 | かぞくとの一日 | Comments(0)

のんびりお正月


お正月休み
おもちもついて、おせちも作って
大掃除も軽くですが済ませて
年末は大忙しでしたが
お正月はその分ゆっくりと過ごせています

お兄ちゃんたちも大きくなって
補講や部活やお友達の付き合いに忙しくなってきて
家族全員で一日過ごせるのは
年末年始くらいになってきました。

子どもが幼い頃の家族水入らずの時間って
本当に貴重だったんだなと
しみじみ思うこの頃です。

新春お買い物にもいってみました。
福袋 何かいいものあるかしら。
残りものには何とやらを期待して・・

e0319042_20293053.jpg

屋上の駐車場から
「富士山だ~!正月早々縁起がいい!」と感動していたら
「それ、茶臼山だよ・・」と旦那さん。

遠いから先っちょしか見えないのかと思っていましたが・・
茶臼山といわれると
たしかに富士山ではないような気がしてきました。

e0319042_21324799.jpg

娘ちゃんが前々から入りたいといっていた
ひつじのショーンのカフェ
いたるところに肌触りのよいメーさんがいっぱいでした

娘ちゃんはソフトクリーム
私はカフェオレ

e0319042_18000996.jpg

気持ちの問題かもしれませんが
泡もメーさんの毛かと思うほど
柔らかい舌ざわりでした

e0319042_20284004.jpg
福袋・・
やっぱり4日ともなるとそれほど残っておらず
試飲でいただいたお茶がとっても美味しかったので
私はお茶屋さんの福袋を義妹ちゃんの分と2つゲットしました。
これから毎日のティータイムが楽しみです♪



by smile-hearts | 2019-01-04 19:59 | かぞくとの一日 | Comments(0)

夏休みの思い出

夏休みも おわり

夏休み最後の思い出にと
滝を見に・・
e0319042_00492519.jpg
今年の暑さは
避暑地に来ても変わらず暑く

滝への道のりは
と・・遠い
e0319042_00490127.jpg
滝だ~
e0319042_01095216.jpg
マイナスイオ~ン☆
滝つぼから吹く涼しい風が
頑張ったご褒美
e0319042_00502134.jpg
やっぱ
自然はいいよなぁ
e0319042_01051709.jpg
最後はかき氷で
お腹もひんやり☆


by smile-hearts | 2018-08-31 00:47 | かぞくとの一日 | Comments(0)

この親に生まれて 幸せ


受験生のおにいちゃん
やっと自分の進む道が決まりました。

なんだか・・すごくほっとしました
解放感が半端ないです・・

私が103.png

別に自分が受験をしたわけではないのですけどね119.png
親ってこういうものなのかもしれませんね
e0319042_23295407.jpg
私の大学受験の時
送られてきた試験の合否の入った封筒を
父が血相を変えて私の部屋まで持ってきてくれたのを思い出します。

2人でドキドキしながら・・
封筒をあけました。

あの時のことは
鮮明に覚えています

「お前の好きな道をいけばいい」と言ってくれて
その道が決まった時に
自分のことのように喜んでくれた
両親がいてくれたこと。

本当に幸せ以外の何物でもないな・・
生んでくれてありがとう・・







by smile-hearts | 2018-03-20 23:48 | かぞくとの一日 | Comments(0)